• 高級デリヘル ジュエル 静岡店
  • カテゴリー:ブログ

    2018年2月21日 (水曜日)

    ブログ
    『お店のプチ自慢教えてください。』

    投稿日:2017.06.15

    自慢話はするのは嫌だし、かといって探し出しても何か何かと迷うばかり。
    私は他のお店の事は一切知らないし「これが自慢です!」と決め顔で言えることがなかなか浮かびません。

    王子に聞いたら「しらね」と、うしじまくんを読むことで時間の敗戦処理をしてるだけなので、
    ここは思い切ってと、当店のドライバーSさんに聞いてみたら、自らの生い立ちを話し出したので、やっぱりやめておきます。

    ブログ
    奇跡

    投稿日:2017.06.2

    ハンカチが623日ぶりに勝ち星がついたという、題名のような奇跡がおきましたし、

    私にも先日、沖ドキで5,000枚出すという奇跡がおきました。

    が、その後は通常の「回収されるモード」に入りましたので

    ぼちぼちブログでも再開させてみようかと思いました。

    さぁ今日から6月。

    今月はバットを長めに持ってブンブン振り回しますよ(1発狙い)

    ブログ
    『この仕事を誰かに知られたくない…そんな女性にアドバイスを!』

    投稿日:2017.05.24

    当店では、「顔確認」を実施しています。

    顔確認とは、お部屋に入る前お客様に目を閉じていただいた状態で女の子にお客様のお顔を確認していただきます。
    万が一、お知り合いの場合にはその場からすぐに車にもどっていただきます。

    あとは、写メ日記や写真撮影ですが、写メ日記はご自身でセーブできるし、写真撮影においても当店は基本的に顔出し写真は掲載しておりませんので、ご安心ください。

    その他なにかあれば何でもご相談に応じます!

    ブログ
    『お店の近くでオススメのご飯はありますか?』

    投稿日:2017.04.24

    『お店の近くでオススメのご飯はありますか?』

    「おいしい物を食いたければデブに聞け」と言わんばかりに、当店のグルメ王「かほ」姫は私に聞いてくる。
    ちょっと目を離すと食堂に駆け込んだり、開店前のさわやかに並ぶくらいのこの王は、私が「ここうまいっすよ」といえばすかさずスマホに書き込んでいる。
    そんな王に私が教えた店舗とメニューは以下の通り、さぁ皆さんもメモするように!

    「さわやか」
    げんこつハンバーグ(ソースはかけるな。押させるな。塩と胡椒で自分で味付け)とチキンステーキ(これも塩と胡椒で味付け)間違っても、パンを頼むな。ご飯を頼め。そしてオニオングラタンスープも忘れるな!

    「鐘庵」
    チーズカレーうどんを頼んだらごはんは忘れずに頼め。まぐろ丼か桜エビの沖漬け丼を頼む時は半かけうどん。間違ってもソバは食うな。

    「一丁目」
    梅納豆スパゲッティー、メンタイマヨベーコンのどちらか、オシャレにパスタとか言うな。スパゲティーと言え。

    「ブロンコビリー」
    サラダバーだけで2皿はいける

    以上、「かほ」のメモより抜粋しました。

    ブログ
    『最近知った「へぇ~」と感心してしまうような知識はありますか?』

    投稿日:2017.04.17

    『最近知った「へぇ~」と感心してしまうような知識はありますか?』

    「OIL OIL OIL . 」「OIL OIL OIL . 」
    大きな空をながめたら 白い雲がとんでいた
    今日は楽しい 今日は楽しい ハイキング
    ほらほらみんなの 声がする
    サザエさん サザエさん サザエさんは愉快だな

    なんの事かわからないと思いますが、紙とボールペンを用意してください。

    紙にアルファベットで、「オイル オイル オイル ピリオド」「オイル オイル オイル ピリオド」とスピーディーに書いた後、その後のサザエさんのエンディングを唄ってみてください。

    紙に書いている音がこのサザエさんのエンディングテーマのイントロです。

    はい、みなさん「へぇ」ボタンを押してください。

    ブログ
    『今までで1番印象に残ってる出来事教えて下さい.』

    投稿日:2017.04.17

    『今までで1番印象に残ってる出来事教えて下さい.』

    他店のお姫様が間違えて私の車に「おつかれまです~」と言って乗り込んできたリ、Sさん絡みのでき事、お姫様からの無理難題等、私がこの店にきてはや1年、様々な出来事がありましたが、一番印象的だったのはやっぱりこれ「アイネ事件」。

    昨年の夏、卒業した「こころ」姫と午前11時、静岡インターのアイネに向かいました。アイネを利用したことがある方はすぐにわかると思いますが、道路から曲がってアイネに入り左側に並んだ3部屋。その内の202号室に女子が一人。
    身長は160cmくらい。体重は100kgオーバー。狼カットのこの女関取は両脇にポテトチップスを抱え、左手にピノ、右手に雪見だいふくとピノの楊枝、口に雪見だいふくをひとつ咥え、ピノの楊枝にはピノが一つついておりました。

    恐らくこの関取はどこかのお店に在籍しており、202号に派遣され、この容姿にびっくりしたお客様は、「とりあえず、これ(ポテトチップ)とこれ(ピノと雪見だいふく)を持って帰りなさい」と言われ追い出されたのではないだろうか?
    迎えの車を待っているのだろうと推測。

    80分後、こころ姫を迎えに向かったところまだ202号室の前にこの関取が・・・。今度はビックマックを両手に持ち、左手に持ったビックマック、右手に持ったビックマックを交互に口に頬張っていました。

    店にも捨てられたか・・・。と思いましたが、これほどまでに豪快にビックマックを食べる人を初めて見て、「暑さに耐えて、よく頑張った!」「感動した!」「おめでとう!」とトロフィーをあげたくなった。

    ブログ
    『今までどのようなアルバイトをしたことがありますか?』

    投稿日:2017.04.3

    『今までどのようなアルバイトをしたことがありますか?』

    コンビニや建築、レストランの厨房などで学生時代アルバイトはしましたが、どれももって1日半。
    卒業して社会人になってからはしっかりと働いていた私ですが、今から15年くらい前でしょうか。
    ある後輩から「時給800円、厳密にいうと816円。すごく楽な仕事があるのでやりませんか?」ということで、ちょうど休みの日だったので受けることにしました。

    朝8時、ボロボロのクラウンで家の前に迎えにきた男はボサボサの髪型で体重は確実に120キロオーバー。
    「おはようございます。前は狭いので後ろに乗ってくれすか?」と言われ後部座席に乗りこんだ。
    彼は何もしゃべることなく、ハンドルを握る逆の手の親指と人差し指の間のビラビラした部分をしきりに噛んでた。
    山奥に連れていかれ車が止まると、そこには直径15mくらい、深さ1.5mの穴があり、彼が「その穴の中に座ってればいいすっから」というと、新聞紙をその穴の中心に広げ大きないびきをかいて寝始めた。
    まったく意味が分からなかった。なんどか後輩に連絡したが電話はつながらず、約8時間彼の横に座っていたら、突然目を覚まし「そろそろ帰りますか?」とそこから車で家に送ってもらった。
    家の前につくと「いまお金がこれだけしか無いんで、あとは切手でいいですか?」と5,728円と石原裕次郎の切手を10枚よこしてきた。

    直ぐに文句を言おうと後輩に連絡をしたが、まだつながらなかった。
    翌日後輩の家に行き、トイレを借りようとしたらユニットバスの風呂桶の中に鯉が3匹泳いでいた。

    もうまったく意味が分からなかった。

    ブログ
    静岡店スタッフをご紹介します

    投稿日:2017.03.30

    ジュエル求人担当「かずぅ」です。
    さて、「スタッフさんの自己紹介お願いします。」

    もう私の紹介をしたところでおもしろくもなんともないので、静岡店のスタッフの紹介をしてみます!

    M君(ギター)
    彼が突っ込み大魔王。かなりの毒舌王子。彼もまたスロ狂。最近ではPS4を事務所に設置しユーチュバーになる野望があるらしい。仕事はできるが、ツムツムばかりで仕事は二の次。バイオハザードを怖がる。

    Sさん(ドラム)
    破壊王。しゃべり始めるとノンストップ。しかも彼がしゃべりだすと事務所の近くの犬が吠え始める。仕事は馬鹿がつくほど真面目。源氏名が「ひらがなかカタカナか?」というところまでもこだわる。

    F君(ベース)
    見た目は真面目。仕事も固く、しっかり者。スラムダンクでいうと流川的存在で静岡店唯一のまともな人材だが、たぶんそれも時間の問題。

    Iさん(キーボード)
    最近入ったばかりの新人さん。面接時「こうゆうお店は使ったことがありません」と言い切っていたが全くのウソ。静岡市にいながら沼津のお店の女の子を無理くりフロントを説得しはじめ、呼ぼうとした強者。ドMにした松井稼頭央似

    そして私、
    かずぅ(ヴォーカル)
    パチスロを愛し、パチスロに愛された男。貯金残高186円。ねちっこくって、こすっからい、洗濯大好き、虫嫌い。将来の夢は飛行機を使わないでオーロラを見に行くこと。

    以上が静岡店のスタッフ紹介です。

    スタッフのみなさんごめんなさい泣

    ブログ
    間違った全力投球

    投稿日:2017.03.30

    皆様、こんばんは♪
    ジュエル★求人担当「かずぅ」です。

    私がブログを再開させてから、わりと評判のいい「Sさん」ネタ。今日はこのSさんについてのエピソードを軽く紹介してみます。Sさんについてブログ1本使うのは非常に無駄な労力を使うのだが、是非私の立場にたって読んでみてください。

    Sさん。年齢50代後半。

    まず、このSさん出勤するなり大声でしゃべり始める。Sさんがしゃべりだすと事務所周辺の動物が交尾を始めるとか、始めないとか。つい先日出勤した時には、事務所に入ってくるなり「斎藤さんだぞ!」「斎藤さんだぞ!」をなぜか今更連呼しており、スタッフ全員、全開でシカトした。ちなみにSさんの苗字はSであっても斎藤ではない。

    お客様が静岡市内のとあるホテルに入り、Sさんへ〇〇ちゃんを連れて向かう様に指示したのだが、あいにくこのSさんは、そのホテルに行くのが初めてなので、道順・車の駐車位置・フロントへ問い合わせ方法・部屋への向かい方を細かく説明し出発させた。だが数十分しても入れた連絡がなく、こちらからSさんに連絡すると「もう私にはどうしていいかわかりません」と、なぜか東名の料金所で半べそ状態でパニックに陥っていた。

    Sさんは仕事に対してはいつも真面目で全力投球なのだが、如何せんスタミナが無く、19時を回ると打ちのめされたロッキーの様な状態になる。21時を回ると完全にYシャツのボタンを外れ、裾もズボンから飛び出て、レイプでもされた様な状態でフラフラになってしまう。Yシャツといえば、先日の出勤時、どこでどう見つけて、なぜそれを選んだのか?まったく理解ができない、花柄のYシャツで出勤していた。

    このSさんについては「ふうか姫のスーパー事件」「ホテルセンチュリー静岡拍手事件」「こころ姫のエレベーターバイバイ事件」等、まだまだあるのだが私も忙しいのでこの辺にしておきます。

    こんな全力投球のSさんとお仕事をしてみたいというお姫様、是非ご応募ください泣